年商100億円店舗経営者と1000億円店舗経営者の「感度」の違い

店舗ビジネス経営者の多くは日常を無駄にしている

店舗ビジネス経営者と普段から一緒に行動することが多い私ですが、どの経営者も出会った当初は「感度が低い」といつも言います。

その感度が低いと思うシチュエーションは食事です。たいてい近所の飲食店や近くの商業施設で食事を済ませることが多いのですが普通にご飯食べて終わり・・・笑

おいおいお〜い!と毎回言っています・笑

店舗ビジネス経営者は新業態を開発したり、自店舗の売上と利益を最大化させる仕組みを作る、働くスタッフ一人一人のストレスを抹消する、自然と売れるように商品開発、商品仕入れをする、とまぁ色々と書きましたが会社が強くなるために頭を使うことが仕事の大半です。

しかし自分の頭で考えられることってたかが知れています。

仕事柄売上100億円以上の経営者と時間を過ごすことが多いのですが、食事中や同業視察のインプットはまだまだ質が低いですね。(成田クライアント調べ)

しかし、これが1000億円以上になると何もかも変わります。なるほど、気づきの深さと幅は業績に連動するんだなと毎回痛感します。

もともと店舗の細かいところを見るのが好きなのですが、(細かい気付き→業績理由)1000億円以上の経営者によってより鍛えられたような気がします。

例えば食事一つとってみても学びの量が違います。すべてに疑問を持ってみてください、と以前アドバイスをされたことがあるのですがこれが難しい。

フードコートで私がみているのは、ざっとあげると

・テーブルの形と配置と高さと材質
・椅子の高さとキッズチェアの質
・店舗のお盆の質
・割り箸、皿、丼の素材と質
・キッチンの間取りとクリンネス
・店員同士の掛け声
・レジの衛生管理
・顧客が体験する不満や不便
・お盆を下げた時のリアクション
など

こんな感じです。あなたはこれ以外に気にしていることはありますか?

聞いたことないですけど、おそらく大手企業の役員はまだまだきっと出るんだろうな・・・という感じです。ちょっとレベチです(笑)

店内はそれぞれ意図あって作られています。この意図を完全に理解するつもりで見る、ということです。

意図で言えば、それこそ先程のフードコートのテーブルは基本的にこぼしてもさっと拭き取れる素材になっています(当たり前ですが)。

こういう店舗側の意図をどれだけ瞬時にインプットできるか、このインプットしたものを自店舗・自社に活かせるかが重要です。

1000億円を超える企業の経営者は天才的なひらめきではなく、普段から利用する店舗や自社が出店する商業施設で顧客の不満やストレス、反対に便利、効率化している企業を自分で体感する癖があるから膨大な情報が噛み合ってひらめくのではないかと思っています。

ちなみに最近はもっぱら「ワークマンとワークマンプラス」が大人気です・笑 (もう何回行ったんだろう・・・)

店内を見ることで得られるのは自社・自店舗の仕組みや導線の客観視

自分の店を客観的に見ることって難しいですよね。私自身もクライアントだから毎回新鮮な目で見ることができていますが、やはり自分の店だったらつい風景化してしまい、従業員のストレス、お客様のストレス起因になるような店舗内の商品陳列・サービスメニューの複雑さなどを客観視するのは難しいなと思います。

しかし、食事に行ったり、買い物にいったりと日常生活の中で得たインプットを自店舗に持ち帰ると不思議と客観視することができます。基準が他社の事例が理由ですね。

いつもは自分基準・自店舗基準だからなかなか気づけないことも他店舗の学びが基準になると自店舗の良し悪しが見えてきます

以前ダイエーの役員と店内を歩いていたら、「昔、中内オーナーは店内をよく歩いていてね、細かいところにとにかくよく気づくんだ。」って言っていました。そして、その場で直させるそうです。きっとこの時はお客様として店内をみていたのでしょう。

売上を上げる、利益を増やす、来店頻度を上げる、っていうのは普段から店舗経営者も考えていることだと思うのですが、それは決して勉強会に参加する、ビジネス書を読んで勉強する、ということだけではないということです。

日常生活に会社・店舗を激変させてお客様感動を生み出す仕組みや店内の導線の種は落ちまくっています。

そこに気づくか気づかないかはあなた次第です・笑

売上と利益を最優先すると組織が弱体化する理由

顧客のストレスを解消する仕組みは早急に構築しよう

接客販売や訪問販売はスキルよりも仕組みが重要

最新情報をチェックしよう!
>【限定100名】超高収益店舗を創る5STEPメルマガ

【限定100名】超高収益店舗を創る5STEPメルマガ

14年250社以上との取引で得た”愛され続ける店”の創り方を無料公開中
---こんなことが学べます---
・新規集客コストゼロ:グーグルマイビジネス口コミで集客
・離職率ゼロ:店長力高めてスタッフが辞めない組織へ
・採用コストゼロ:採用は店頭POP・店舗スタッフからの紹介
・平均客単価アップ:接客と販促を駆使して単価アップ
・リピート率アップ:顧客感動で来店頻度アップ
※期間限定企画のため突然終了することがあります

CTR IMG